腎臓病食の宅配を利用してバランスの良い食生活を送ろう

老夫婦

腎臓が悪い人の食事

老夫婦

特殊食品を利用する

腎臓病にかかると薬による治療の他に、さまざまな栄養素を制限しなければなりません。腎臓病食の食事療法の基本はタンパク質や塩分を制限すること、症状に応じてカリウム・リンや水分も控えること、しかしカロリーは十分に摂取することです。このように食事療法のメニューを考えるのは、なかなか大変です。結果的に同じメニューばかりになってしまい、味気ない食生活を送ることになりがちです。食事療法を無理なく続けるために、腎臓病食専用の特殊食品があります。一般の食品とほとんど変わらない味で、タンパク質や塩分を減らし、必要なカロリーを摂れるようになっています。こうした腎臓病食を利用することで、治療の辛さを和らげられるというメリットがあります。

病気の進行を抑えるために

炭水化物や脂肪は燃焼すると二酸化炭素と水になりますが、タンパク質はそのほかに窒素化合物を出します。有害な窒素化合物は腎臓からしか排出されないので、タンパク質の摂取量が多いと腎臓に負担がかかります。腎臓病の進行を送らせるには、少しでも腎臓の負担を軽くすることが大切です。しかしタンパク質は筋肉や血液の材料になるため、まったく摂らないわけにはいきません。同じタンパク質でも肉や魚などの動物性のものは、筋肉や血液の材料になりやすい性質があります。しかし植物性タンパク質にはムダが多いので、できるだけ制限することが必要です。そこで腎臓病食の食事療法では、ご飯やパンなどでもタンパク質の含有量を減らした特殊食品が利用されます。