腎臓病食の宅配を利用してバランスの良い食生活を送ろう

老夫婦

知識を得ておく

医師

食事制限の内容

腎臓病は、病気の進行により食事療法が変わります。特に、透析になる前と、その後は大きく変わります。まず、腎臓病の食事療法はたんぱく質と塩分を控えることと、十分なエネルギー摂取です。早めに食事に気をつけ、治療を行えば透析を遅らせることも可能です。たんぱく質の取りすぎは腎臓に負担がかかります。肉や魚類などはたんぱく質が多いので、食べ過ぎに注意しましょう。塩分の取りすぎは、高血圧になりやすくむくみも出てきます。高血圧になると腎臓病が進行します。普段の味付けは薄めを心がけましょう。また、汁物や漬物などの塩分が多い食品はできる限り控えましょう。十分なエネルギー摂取も大切です。ご飯やパンなどの主食を毎食きちんと食べましょう。

透析が始まると

腎臓病が進行すると透析が始まります。腎臓の機能が低下してしまったので、透析を通して体に溜まった老廃物や余分な水分を除きます。透析になると、今までの食事療法の内容が変わります。まず、たんぱく質の制限は緩和されます。しかし、透析になると、水分とカリウム、リンの制限が始まります。水分を取りすぎると、心臓に負担がかかるので注意が必要です。体内の水分量を知るために、毎日の体重と飲んだ飲み物の量を記録しなければなりません。カリウムは生野菜や果物に多く含まれています。カリウムは茹でると減るので、茹でてから調理をしましょう。リンは、インスタントなどの加工食品に多く含まれています。表示がないものはできる限り購入しないようにしましょう。