腎臓病食の宅配を利用してバランスの良い食生活を送ろう

医者

食事療法を簡単に

食事

自宅で作るのが大変な人に

腎臓病を改善するための食事療法は自宅で行うのはなかなか大変なものです。タンパク質やエネルギー、食塩、カリウムなど、注意するべきところがたくさんあるからです。専業主婦で世話してくれる人がいればともかく、一人暮らしや共働きでは腎臓病食を毎回用意するのは大きな負担になってしまいます。そこで便利なのが、宅配で腎臓病食を届けてくれるサービスです。その道のプロがきちんと腎臓病食に合った栄養バランスを考え、さらに飽きずに食べられるように豊富なメニューを用意してくれています。このような宅配業者は今では数多くあり、価格競争が起こっているため値段もさほど高くなりません。1食あたり800円前後が一般的な相場となっています。

業者の選び方

宅配業者を選ぶ時に最も注意したいのが、腎臓病食と明記されているかどうかです。健康に良い減塩食、低たんぱく食といった表記をされている宅配サービスは多いのですが、腎臓病食と明記されているところは実は意外と少ないのです。自分の宅配範囲で腎臓病食を手配してくれる業者が見つからなかった場合は、カタログを確認すると良いです。こういった健康志向の宅配サービスではカタログに、食事に含まれる塩分やたんぱく質量が明記されています。この配分を確認し、自分の病状に合ったものを選ぶ必要があるのです。自分で摂取量を把握するのは大変かもしれませんが、それでも、毎日自分で作るよりはずっと楽です。どうしても外食が必要な時もありますし、そういった知識は出来る範囲で覚えておくと良いです。

腎臓が悪い人の食事

老夫婦

腎臓病食の食事療法にはタンパク質を減らすことが重要です。また塩分や水分を制限する一方で、十分なカロリーを摂らなければなりません。こうした目的のために、栄養バランスを考慮した特殊食品が用意されています。

View Detail

知識を得ておく

医師

腎臓病の食事療法は腎臓病の進行度により食事の制限内容が変わってきます。自分で判断せずに、医師の指示のもと食事療法を始めましょう。正しい食事療法を続けることで腎臓病の進行を防ぎ、体調も安定させることが可能です。

View Detail

腎臓疾患の食事

家族

腎臓病の食事で気をつけることは、まず塩分を控えることです。だしを効かせることや、ポン酢を利用すると良いです。次にたんぱく質を制限することです。ご飯や麺類にも多く含まれているので注意しましょう。揚げ物を活用すると、満足感が得られ、必要なエネルギーも摂取できます。工夫をすることで食事療法が長続きします。

View Detail